Powered by Blogger.

ガネーシャ神を崇めるイベント開催


デンパサールで24日、世界ヒンドゥー青年組織 (WHYO)、及び、マヘンドラダッタ大学が、ガネーシャ神の生誕の祝いで、ガネシャ・チャトゥルティのイベントを開催した。

ププタンバドゥン広場で行なわれたこのイベントの目的は、ヒンドゥー教徒がガネーシャ神を崇めるよう、理解を深めることである。その他、このイベントは、ガネーシャ神の力を願う事で、この世界を浄化する目的もある。

このイベントを通して、ガネーシャ神に向かい、祈りを捧げる事でヒンドゥー教徒が一つの器になるのである。

展示会も同時に開催され、浄化されたもので作られた食品を展示する30軒のスタンドもあった。「我々は、民衆にバリの伝統を示したいと思った。」と、実行委員のニ・ルー・プトゥ・ワティニ氏。

また、ヒンドゥー教の中で語られる‘清い動物’としての水牛への祈りの為に用意され、村の警備隊プチャランに見守られた、ギャニャール県タロ村からの白い水牛9頭も登場した。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ