Powered by Blogger.

吊るされた状態の遺体、ウブドで発見


ギャニャール県ウブド郡クデワタン村バンジャール・ルンシアカンの住民は、29日、男性の遺体を発見し大騒ぎとなった。

身元が不明なこの遺体は、現地の住民イ・クトゥ・パルタ氏が所有する食堂跡の建物の中に吊るされた状態だった。ウブド管轄警察署長マデ・グデ・ウィディア・アドニャナ氏は、「昼12時ごろ起こった。身元はまだ分かっていない。現在、捜査中だ。」と、述べた。

建物の持ち主パルタ氏は、始めに水田に立ち寄ったが、鼻を突く悪臭を感じ、臭いの発生場所を追跡したところ、食堂として以前使っていた建物の中に、吊るされた遺体を発見した。

遺体は既に腐敗しており、黒いTシャツと青いジーンズを身につけたその体は青く変色していた。パルタ氏は、周辺住民に知らせる為、走った。

遺体は、死因を調べる為にサンラ国立総合病院に搬送された。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ