Powered by Blogger.

身体障害者専用の運転免許証SIM D、初めて発行


身体障害者の為の特別な免許証SIM Dに関する覚書には、今年2015年初めから始まるとある。

25日、バドゥン県ブキットジンバラン、カンプスウダヤナ通り在住のイ・ワヤン・ワルタ氏は、バリ州プスパディ事務所前で取得したばかりのSIM Dを見せてくれた。

ワルタ氏は両足が動かない障害をもっていて、これからは運転しても心配は要らないと胸をなでおろした。

「私は以前警察の検問に遭って冷や汗をかいたが、その時は警察は何も言わずに通してくれた。私のこのような状態でも、働かなければならないし、道を胸を張って通りたい。」 SIM Dの情報を耳にして、ワルタ氏はこの免許証を取得したいと思ったと誇らしげに語った。

ワルタ氏と友人のグデ・クトゥ・サントサ氏は、バリ州で始めてSIM D取得の手続きを行なった。

バリ州プスパディ事務所の職員が積極的に手伝ってくれたお陰、とワルタ氏。

(財)バリ州プスパディの代表イ・ヌガ・ラトゥラ氏は、身体障害者のエンパワーメントの支援運動だと述べた。バドゥン県とデンパサール市で、この免許証を取得したい人は、我々からの推薦書を請求することができると説明した。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ