Powered by Blogger.

気をつけて!デング熱の経験者、免疫ができたとは限らない!


ウィルスによる炎症は、我々の体に免疫を作り、同じウィルスにかかる率は減少する。しかしながら、デングウィルスは、デングにかかったことがある経験者であっても、また同じデング熱を引き起こさないとは限らない。デングのウィルスは何種類かの血清型をもっているからだ。

リッポヴィレッジ シロアム病院内科専門医モゼス・シラバン医師によると、デングウィルスにはDEN-1、 DEN-2、DEN-3、 DEN-4の4種類の血清がある。体内には、デングウィルスに対抗すべく免疫を呼び起こすメカニズムがある。一度デングを経験しても、他の血清型のデングにはまだかかっていない場合、多種のデングにかかる可能性がある。

デングは雌蚊が媒介するフラビ ウィルス属からデング炎が起こる事で高熱を出す病気だ。その多くは‘ネッタイシマ蚊’によるものだ。治ったデング患者が再発するのを二次感染という。殆どが治ってから数ヶ月後、或いは、数年後に、デングの症状、すなわち、頭痛・眼球の痛み・筋肉のこわばり・風邪に似た症状を再発する。

だから、デング経験者は引き続き注意が必要だ。普段から免疫力を高め、蚊を寄せ付けない事だ。


via Tribun Bali



0 コメント

ブログ アーカイブ