Powered by Blogger.

共愛メディカルサービスバリ分院の小林先生に聞きました ⑦


海外で生活する中で、心配なのは病気や怪我をした時の医療面です。

当情報誌では、バリ島在住者や旅行者の方に安心・安全の医療を提供している、共愛メディカルサービスバリ分院の日本人医療スタッフ・小林先生へ、バリ島(インドネシア)で生活する中で注意したい事等を、インタビューしてきました。


第七回目の今回は、健康診断について」です。



-小林先生より-

共愛では、20153月より健康診断コースを開始いたしました。

一般的にバリでの食事は、高カロリー高脂肪で塩辛いものが多く、野菜や海藻類が不足しがちです。また、車やバイクでの移動が多く、慢性的な運動不足になりがちです。これらの食生活や生活習慣は、高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病、脳卒中などの原因となり、実際、インドネシアの方々もこれらの事が原因で健康を損なわれています。

定期的に健康診断を受けることで、病気の早期発見や予防につながります。
共愛では、生活習慣病スタンダードコース+がん検診コース、生活習慣病スタンダードコース、生活習慣病ベーシックコース、検診後フォローアップコースの4コースをご用意しています。

所要時間は1時間程度ですので、お忙しい方にも充実した検査項目を受診いただけます。もちろん、検査結果は日本語表記で、結果のアドバイス、生活におけるアドバイスも日本語です。


*****************************************************



次回は、「日本の薬と同じような効果がある薬」です。

0 コメント

ブログ アーカイブ