Powered by Blogger.

インドネシアの大部分の地域、乾季突入は5月


今年2016年、インドネシアの大部分の地域(約66%)が乾季を迎えるのは5月-6月頃となるだろうと、14日、ジャカルタ気象気候地球物理学庁アンディ・サクヤ氏は述べた。

最も早く乾季を迎えたのは2月で、北スマトラとリアウにある、ドゥマイ・シアック・ブンカリス・ロカンヒリール・ムランティ等の町である。これらの地域は、1年に2回の雨季の頂点があるような特殊な場所で、他のインドネシアの地域とは違った気候の特徴を持つ。

50%のインドネシアの地域で、乾季が遅れることが予想されており、逆に、23%が早く訪れると予想されている。

2016年乾季の降雨量はほぼ通常通りと予想されているが、スマトラ・ジャワ・バリ・西ヌサトゥンガラ・カリマンタン・スラウェシ、これらの地域の大部分では通常より多いと予想される。一方、スマトラ・ジャワ・西ヌサトゥンガラ・スラウェシ・カリマンタン・パプア、これらの一部、及び、東ヌサトゥンガラの大部分では通常より少ないと予想されている。

乾季とは、雨が全く降らない状態を言うのではない。たまに降ることもある。


via Antara Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ