Powered by Blogger.

禁煙エリアで喫煙、大勢の注目に晒す抑止対策


うっかり喫煙し、軽い違反で43人が即席審議場に呼ばれた。彼らはデンパサール市内の‘禁煙エリア’の幾つかで行われた取締りに引っかかった者だ。

審議は
26日、デンパサール、サンラ国立総合病院の一角で遂行された。一人ずつ違反者が、審議員からことの詳細を尋ねられ、今後このような違反をしないよう約束をさせられた。

バリ州公務員警察ユニット平和と秩序管理課課長イ・クトゥ・アルナワ氏は、この審議は違反者に対する抑止効果をもたらすと説明した。「罰金は5万ルピアであるが、彼らを抑制する効果はある。多くの人の好奇の目に晒され、恥ずかしいからだ。」と、述べた。

本当に、審議官の前に出された違反者らは、病院に来ている人達に笑われ、それぞれが陳述する違反理由に注目が集まった。一貫して行われるため、違反者に言い渡される罰金も、彼らにとっては、違反行為の抑制に効く。

地方自治法が改訂された時に、ともに始まったこの規則は、喫煙に関する住民の認識を促すものだ。タバコを勧める者も、禁煙エリア内でタバコを販売する者も、更に重い違反者として、罰金は100万ルピアである。

しかし、すべて決定は違反に対し公平に審議する審議官に委任される。違反者の陳述と違反理由によって、罰金の額は変るようだ。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ