Powered by Blogger.

クタ、道路を横切る牛を待つ車両


11日、20頭余りの牛が、バドゥン県クタのゴミ捨て場、道路、家々の辺りをウロウロしていた

飼い主の不明なこれらの牛は、アビアンバセ周辺の住人によると、野生で自由に行き来している牛で、車両運転手には危険な存在だという。特に、サンセットロードからラヤクタ通りに向かう近道となるムルデカラヤ通りだ。

ムルデカ通りを通りがかったクロボカンに住むワヤン・スマラ氏(35)は、牛が大通りから避けることを、しばらく我慢して待っていた。「1、2頭の牛なら避けるのを待つが、数が多い場合は、小屋に入れるのが得策だ。そうすれば、大通りに出て交通の邪魔にもならないし。」と、同氏。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ