Powered by Blogger.

ベノア湾、韓国のセマングムをまねて構築される?


ベノア湾活性化プロジェクトは、世界で最大の埋め立てプロジェクトとなった韓国のセマングムの成功を模倣することが望まれている。

「ベノア湾は、環境活動家に当初反対されたセマングムと似ているが、そのプロジェクト終了後は、韓国の人々の誇りとなった。」18日、バドゥン県タンジュンベノアでの記者会見で、コリアパーク記者協会会長チョン・リュル氏は述べた。

この希望は、PT. ティルタ・ワハナ・バリ・インターナショナルの代表取締役ヘル・ダルソノ氏との、ベノア湾再活性化プロジェクトについてのディスカッションの際、パーク側から伝えられた。

この時の話し合いには、ベノアのテラガワジャ河川にマングローブの苗を植える活動に参加した、バリマングローブ保護フォーラムの使節となった代表的な10社のメディアも参加した。

この席でヘル氏は、「現地自治政府の支援でセマングム地域を構築した韓国の成功から学んだが、方や、ベノア湾は民間だ。同じところは、環境に優しくローカルコンテンツを利用することだ。韓国メディアの幹部の意欲に対して評価することは、韓国でマングローブ保護フォーラムの親善大使となった事。全てのメディアが、マングローブの森を守り育てる事の大切さに手を差し伸べようとしてくれていると、私は評価している。」と、述べた。

セマングムは、政府と環境地域活動家らとの間で長期に渡る話し合いの末、2006427日に地方自治政府によって構築された、韓国の黄海にある、世界で最大の埋め立て工事の一つである。その工事の目的は、産業と農業の為に必要とされる土地を確保する事であった。埋め立て工事は1991年から始まり、環境地域活動家によって阻まれたが、埋め立てが終了し、その結果400平方キロメートル、又は、ソウル市の3分の2倍、或いは、ニューヨークのマンハッタンの街の5倍、パリの街の4倍の広さの土地を獲得した。これは、歴史的に最も長期で、最も規模の大きな埋め立て工事となった。

セマングムの防波堤の長さは33.9kmで、最も長いものだ。2010年の82日に、セマングムは、人間が作った防波堤で最も長いとして、ギネス世界記録に登録され賞を得た。

この工事は、これを構築した韓国の技術者らの誇りとなった。建築方法には、環境に優しい方法がとられた。陸地を作る為の材料は、費用の面でも最小化し、節約できる他の陸地から材料を取ることは環境に危険を及ぼすので、海底の砂を使った。

工事終了から15ヶ月間の間に、セマングムを訪れた観光客は既に1,000万人。平日は平均1日に1万人、週末には3万人の観光客が訪れているという。


via Antara Bali (Photo : Tribun News)




みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ