Powered by Blogger.

動物に感謝、トゥンプック・カンダンの儀式


神の偉大な力を讃えることで、飼っている家畜や動物など、すべての動物が健やかであるように、またその家族も平和であるように祈る儀式トゥンプック・カンダンが、バリヒンドゥー教徒によって、今月3日に行なわれた。
デンパサールのインドネシア・ヒンドゥー・ダルマ大学イ・クトゥ・スマディ教授は、「この儀式は、バンタンという供え物に、花・菓子・果物を添え神への供物とし、牛・豚・鶏などの家畜や、その他の動物の健康と平和を祈る特別な儀式だ。」と、説明した。

210
日毎の土曜日に来るトゥンプック・カンダンは、トゥンプック‘ウェワルンガン’とも呼ばれ、ラレアンゴンに変身したシワ神を讃えるものだ。本来、バリヒンドゥーの伝統では、この特別な日に‘安全’を与えられる動物は限られており、水牛・牛・豚・鶏のような檻(カンダン)の中で世話を受ける動物である。
この儀式の意味は、動物を浄化し、庶民に大事に育てられる事で、逆にその動物たちが人間にとって平和をもたらすようにというものだ。

バリの庶民は、トゥンプック・カンダンを自然の維持と保護の象徴とし、この伝統儀式を先祖代々継承してきた。これは、神-人間-環境(自然)間の調和(トリヒタカラナ)の関係を実現する中で、エコシステムのバランスを保つというものだ。

スマディ氏はまた、「我々は、日々生きる為に動物からの肉を食している。動物の肉を食すということは、多かれ少なかれ、人間のキャラクター、性格、性質に影響を与える。だから、トゥプック・カンダンの日には、自分の中の動物の持つ力を中和する為に、人間は自分をも浄化しなければならないのだ。」と述べた。

トゥンプックカンダンの儀式は、それぞれの動物の檻のところで行なわれ、人間に与えられた恩恵に対し、人間の平和の為に動植物を創造した神に感謝する。

ギャニャール県のバリ動物園でも、数ヶ月前に生まれたベンガルトラの赤ちゃんを含め、動物たちを浄化する儀式が行なわれた。

via Antara Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ