Powered by Blogger.

20人のインド人女性を強姦・殺害した犯人、バリで逮捕


インド国籍の男、クマール・モハン(56)は、25日午後150分、バドゥン県ングラライ国際空港到着ターミナルで、入国審査をしようとしていたところを、出入国管理局職員、及び、デンパサール管轄警察官によって逮捕された。

空港出入国管理局職員によると、クマールは、出身国であるインドで以前25人の女性を連続で殺害した件で、インターポールの指名手配犯となっていた男だという。また、オーストラリアのインターポールから、クマールの入国に際して逮捕するよう、空港当局に連絡があったものだと明らかにした。

レッドノーティス番号: A-360/7-1995として、オーストラリア警察職員が、シドニーからバリへ向かうGA751便で出発した、インドからの指名手配犯がいることを知らせてきた。バリ島に到着する指名手配犯がいることを知り、空港当局はングラライ空港警察とクマール逮捕の為の調整を行った。

飛行機到着後、クマールは入国審査に向かった。インターポールのデータとクマールのパスポートのデータが一致した為、職員はその場でクマールを逮捕、その後空港警察に拘束され、データの再確認の為、出入国管理局に連行された。

ングラライ国際空港出入国管理局特殊第一クラス課長ユスフ・ウィドド氏によると、現在関係者からの証言を取り、捜査しているという。

また、デンパサール管轄警察犯罪課ユニット課長レインハード氏が入手したデータでは、クマール・モハンは、インド国内でおよそ25人を強姦し殺害したとされる。「我々は、イミグレーション、インド警察、インド総領事館と調整し、捜査を行なう。シドニーからデンパサールへの移動は、逃亡の為であることが分かっている。インド警察への引渡しは、調査結果を待ち、調整が済んでからに成る予定だ。」と同氏。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ