Powered by Blogger.

バリ島の509のATMで窃盗、240億ルピアを手に入れる


ATMを壊し窃盗を働いた容疑者とされる、ブルガリア国籍のイリーヴ・ディミタール・ニコロヴは、バリ島にある数百のATMを壊し預金者のデータを読み取ることで、総額240億ルピアを手に入れた。ニコロヴ容疑者のターゲットとなったのは、バリを訪れ、休暇を楽しんでいたヨーロッパからの外国人らである。

インドネシア国家警察犯罪課課長アナン・イスカンダール氏によれば、犯罪課で得たデータでは、ニコロヴ容疑者は、2013年からバリ島にある509ATMで、5,500回もの犯行を行なったという。

アナン氏は、「セルビアのインターポール国家中央事務局は、ニコロヴはそこで簡単な訴訟過程を受けたばかりだと知らせてきた。インドネシアのインターポール国家中央事務局は、後にインドネシアへ引き渡せるように、容疑者を拘束して欲しいと、セルビアのインターポール国家中央事務局へ要求した。我々は、79日にレッドノーティスを発行していた。」と、23日ジャカルタで語った。

国家警察犯罪特殊捜査課長による容疑者の迎えは、23日准将バンバン・ワスキト氏と4人の国家警察中堅軍隊職員を伴って行なわれた。

ニコロヴ容疑者の犯行は、幾つかの法に触れる犯行、すなわち、預金者のデータを盗んだ事に対する刑法、電子ドキュメント送付データの移動に関する刑法、情報と電子取引に関する法、窃盗に関するマネーロンダリングのに相当する。

「インドネシアで犯行を行なって、セルビアに逃げた。そこでも法的手続きを踏まなければならい。しかし、容疑者を送還できてよかった。インドネシアに連れ戻し、ここで法的手続きを行なえる。」と、同氏。

被害者の多くは、各々旅行を終えて、自国に帰ってから、預金していた金が無くなっている事に気が付いた。ニコロブの犯行のおかげでインドネシアは、ATM 窃盗地として疑惑をもたれる国のランキングに入ってしまった。

今年27日、数人のニコロヴの共犯者らが、逮捕されている。彼らは、ヨーロッパの諸国で莫大な損害を生じさせた犯行を行った為、ヨーロッパの合同警察の指名手配犯となっていた


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ