Powered by Blogger.

20年間で5,600種以上のインスタント麺を試食した日本人男性


インスタント麺は、多くの人々の大好きな食べ物であり、日常的に良く見かける食品でもある。しかし、これほど完璧なインスタント麺ファンは、恐らくこの日本人男性の他にいないのではないだろうか?

Oddity Centralの報告によると、ヤマモト トシオ氏は、自分にとって完璧な麺を見つける為に、約40カ国からの5,600種類のインスタント麺を試したという、熱烈なインスタント麺のファンである。この試食報告は、ウェブサイトに紹介され、15の数字でその麺の良さを評価している。現在までに、ヤマモト氏が最高得点を授与した麺は4種ある。

ヤマモト氏は、小学生の頃から約20年間、麺に対して大きな興味を抱いてきた。これまでの歩みで、麺に対する愛着は益々募り、大学生の頃には、食べた人は永遠に生きられる麺を探す一人の男性の物語を映画に収めたりもした。

ヤマモト氏によれば、昔と現在のインスタントラーメンには大きな差があるという。昔のインスタントラーメンは、簡単に作ることができる食品ということだけが重要視されていた。一方、現在のインスタント麺は、新たに生まれる美味しい流行料理に合わせて、更に繁栄していった。又、発展途上国ではカップ麺が流行し、先進国ではカップの無い物の方が流行っているという研究結果もある。

この麺を追求する活動にフォーカスする為、ヤマモト氏は何と、昨年早期退職に踏み切った。その前は、電気技師で、様々な味のインスタント麺を探求するために、出張の道のりも活用していたという。

現在、ヤマモト氏は麺についての本を執筆している最中で、更に完璧なインスタント麺を追求し続けている。


via Merdeka.com



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ