Powered by Blogger.

原子力発電所構築、急がれる


インドネシアの幾つかの地方で、電力供給の不足は避けられない。益々減ってくる現在の状況を見れば、2016年には25%減少すると見込まれている。

2015年-2024年の国内電気エネルギーの需要を満たす為には、新たな電力発電を活用する必要が出てくる。新たな電力とは、原子力発電であり、現在ある原子力発電所(PLTN)の容量の大きさは、1000-1400 MW/unit である。

国内の電力需要を満たせるのは、原子力である。この話は、15日、デンパサールのウダヤナ大学講堂で催された‘2015年原子力エネルギー技術国内セミナー’で伝えられたものだ。

「我々がエネルギー供給を独立して行なっていく時、必要エネルギーはインドネシア独自で所有する原料を使用することを想像してほしい。その為には、原子力発電所を早急に構築する必要がある。」と、国内原子力機関(BATAN)長ジャロット・スリスティオ・ウィスヌブロト氏は述べた。

原子力技術を持つ省外の政府団体として、ジャリット氏は、国内原子力機関原子力技術の部門でエネルギーの自立を目指す仕事、及び、原子力技術活用と、構築により発生するであろう全てのリスクから住民の安全を保障する為の仕事を遂行する、と述べている。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ