Powered by Blogger.

小型トラック転倒、1.5トンの魚がぶちまけられる!


3日午前8時50分、ジュンブラナ県ムラヤ郡ギリマヌク村チュキック森林地帯で、ヌガラ郡プンガンベンガン村出身のタルジアント(51)氏の運転する小型トラックが、タイヤのパンクで単独事故を起こし、道路上で転倒した。この事故で、トラックに載せていた魚が、路上にばらまかれてしまった。

情報では、このトラックはプンガンベンガン村からブレレンへ向かっていたが、ンバ・テモン聖地地区へ差し掛かったところで、右側後部のタイヤがパンクし、そのまま逆さまにひっくり返った。運搬中のイワシ1.5トンは、すべて路上に投げ出された。

この事故により、デンパサール-ギリマヌク間の国道は一時渋滞を避けられない状態になった。運転手のタルジアント氏は、左腕に擦り傷を、又、運転助手も殆ど傷が無いだけで済んでいる。

この事故の処理は、およそ1時間かかった。ここを通りかかったドライバーらも、魚を拾ってタルジアント氏の手助けをしたため、渋滞を短時間に緩和できたという。「1.5トンもの魚を積載したこの小型トラックのタイヤがパンクした時、運転手はかなりスピードを出していたと思われる。それで、逆さまにひっくり返ったようだ。」と、ギリマヌク管轄警察交通課第二ユニットのサンティカ氏は説明した。


via Tribun Bali



0 コメント

ブログ アーカイブ