Powered by Blogger.

バリ出身の13人の女性労働者、マレーシアで拘束


2016年3月26日より、バリ出身の女性労働者13人が不法労働者と見なされ、マレーシアの警察に拘束されている。

その一人ニ・ワヤン・スリ・ウタリさんの夫、イ・グデ・プトゥ・アルディカ氏は、妻と仲間はマレーシアのクアンタン地方で、スパのテラピストとしてメガ・ブルジャヤ・モールで働いていると述べた。女性労働者らも現在取り調べを受けており、やがて証人となる。

「マレーシアで働いているインドネシア人女性労働者から私が得た情報では、私の妻と仲間たちは、21日間拘束された。しかし、企業を訴えるには証拠が揃っていない為、彼らの拘束期間は、更に3ヶ月延長される。」と、妻が拘束され緊張が続いて心配が隠せない様子のアルディカ氏。

氏は、ブバンデム郡を経てカランガッサム県知事に、妻とその他12人の女性労働者に降りかかった事件を伝えた。彼は、出発から拘束に至るまでの経緯、並びに、11人の女性労働者の氏名、彼らが働いている現地の企業のアイデンティティを紙に書いたものを持参した。

「私が知る限りでは、マレーシアに拘束されているのは13人の女性労働者で、11人分の名前は書いたが、あと2人の名前は忘れてしまった。郡と県知事夫人がこの問題を解決してくれる事を望む。」とアルディカ氏。

先週、カランガッサム県労働局にも報告したが、まだ何の反応も無い。その11人の女性労働者の内2人がカランガッサム県、4人がバンリ県、2人がデンパサール市、2人がブレレン県、1人がバドゥン県の出身である。


via Tribun Bali



0 コメント

ブログ アーカイブ