Powered by Blogger.

冷房の効いた部屋で、スマートフォンのバッテリーがすぐ無くなる訳


エアコンによる冷房が効きすぎた部屋では、スマートフォンにあっという間にバッテリーが終わってしまうという影響を及ぼすことをご存知だろうか。冷たい空気の中では、スマートフォンのバッテリーが、いわゆる‘失神’を起こすという事を知っている人は多くない。

専門家の話によると、スマートフォンのバッテリーは、化学反応による冷気で中の動きが鈍くなり、すぐになくなる。寒すぎる空気の中では、バッテリーへの障害はどんどん大きくなる。障害が大きくなると、自動的にエネルギー出力総量はだんだん小さくなる。結果、スマートフォンのバッテリー充電インジケータは突然減少する。

実際、スマートフォンのバッテリーの力はまだあるのだが、大きな障害はバッテリーがスマートフォンへエネルギーを流せなくするのだ。室温が0度近くになると、スマートフォンのバッテリーの力は無駄に使われる。幾つかのスマートフォンは、0度では2倍ものバッテリー使用量となる。

だから、もしあなたがスマートフォンをエアコンの近くに置くという状況にあるなら、良い方法としては、ケーシングをすることだ。ケーシングは、スマートフォンの中の熱を保護するから、スマートフォンはその熱によって通常の活躍をするのである。


via Merdeka.com



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ