Powered by Blogger.

バリのスパ、チェコで興味を持たれる


チェコ共和国の市民アニモ氏は、チェコのスパセンター‘プリンス・オブ・ウェルネス’で、バリルームという特別室を設置し、ユニークなバリスパ好きの消費者に提供しているが、これに興味を持つ人々が急増していると語った。

このスパの経営者ミカエラ・ヴェセラ氏は、プラハの中心にプリンス・オブ・ウェルネス バリルームを正式にオープンした。ミカエラ氏は、バリルームのオープンは、スパを愛するチェコの人々にとって新しい画期的な試みだと述べた。

プラハのインドネシア大使館のアウリア・ラクマン氏は、バリスパのチェコ到来をポジティブに受け止めており、バリのスパの技術を活用するチェコのスパが益々増えるよう望んでいると述べた。これらが増えれば、スパで使用されるマッサージオイルをはじめ、バリの原料で作った様々なスパグッズも求められるだろうと同氏。

チェコは、ヨーロッパ中部、及び、東部地域のスパの中心地の一つである。スパ文化は数百年前から治療の儀式となっており、薬草による治療・ケアの面から重要とされてきた。チェコのスパは、一般的にはタイ式マッサージの技術を取り入れているが、インドやインドネシアのマッサージ方法は、エキゾチックな雰囲気があり益々人気が上がっている。

バリルームのオープニングイベントでは、多くの地元メディアの他、チェコの芸能人が出席。バリからは、バリ舞踊家グスティ・アユ・スティア・デウィが踊りを披露した。


via Antara Bali (Photo: The Amerta)


みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ