Powered by Blogger.

バリ州政府、バリの治安を全面的に保障


ブレレン県ブレレン郡庁舎は、18日、ジャカルタサリナで起きた爆弾テロの一味であると名乗る者から、爆弾テロの脅迫を受けた。この一枚の手紙には、ショッピングモール、庁舎街、観光地に爆弾を仕掛けるという事が記載されていた。

バリ州政府は、このテロ脅迫状事件を受けて、バリ島の治安を全面的に保障するとしている。

州知事は20日、デンパサールにて、州政府広報部長クトゥ・テネン氏を通して、脅迫状に記載してあった内容は、本当ではないと公表した。氏によれば、脅迫状の内容は、あくまでも住民をパニックに陥らせる為であり、政府、及び、治安部隊は、起こりえるあらゆる事態に対して、細心の注意を払っていると述べた。

バリ州政府検査官でもあるテネン氏は、「政府と治安部隊は、日々活動を通して、住民に安心と快適を与えるよう努めている。だから、バリ島を訪れる誰もが、バリの治安に不安な気持ちを持つことはない。我々は、バリの治安を保障する。」と、付け加えた。



via Antara Bali




みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ