Powered by Blogger.

サヌールにワニが出没!


21日、サヌールにあるダレム・パングンバック寺院のそばに、一匹のワニが現れ、周辺住民を騒がせた。夕方午後5時前、このワニはマングローブの森近くの川の淵に姿を現した。

この寺院の駐車場管理人のイ・クトゥ・シンガ(29)氏が、最初のワニ発見者となった。「雨が降る前だった。3時半頃スカムルタ通り近くの川の淵に、ワニを発見した。決して大きくはない。写真に収めようとしたが、頭がぼんやりと見えるだけだった。体は水中で、頭だけしか見えなかった。」と、シンガ氏。

ここを通りかかった住民も足を止め、やがて、その数も増えていき、皆、隠れたワニを一目見ようと目を凝らした。その中の一人が、デンパサール市天然資源保全機構にその場で通報。1時間後、天然資源保全機構の職員が、釣りの為の魚を携えて現場に現れた。

彼は、水中から顔を出したワニを釣り上げようと試みたが、その努力は実を結ばなかった。近付こうとした瞬間に、また水中に潜ってしまう。

その時に現れた姿から推測すると、ワニの全長は80-100cm程。胴の太さは直径10cm程度の小さいワニのようだったという。魚では釣れないと見て、住民が1羽の生きたひよこを捕まえてきたが、それも効果はなかった。

ワニは、満潮の海水と雨の水で増量した川の水の中に、まだ潜んでいる。夜7時半まで、ワニを探し続けた。ワニは、夜間に活動するからだ。

天然資源保全機構の職員は、ワニを捕まえるべく監視を続けている。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ