Powered by Blogger.

健康保障組織体サービスが、加入者のターゲット達成


健康保障組織体(BPJS Kesehatan)は、昨年2015年にインドネシアでのBPJS加入者のターゲットを達成した。

健康保障組織体第11管区バリ-ヌサ・トゥンガラ地域課のマーケティング部長スリワフユニ氏は、‘国民健康保険の実施社会化’という、22日にデンパサール市レノンの事務所内会議室で行なわれたイベントの中で、メディアに説明した。

社会化については、健康保障組織体への加入者が、毎年増えていることを基に説明がなされた。インドネシア全国での加入者総数は、中央政府によって立ち上げられた目標をはるかに超え、1億2,160万人だったのが、2015年末までに、1億5,300万人にとなった。

健康保障組織体第11管区バリ-ヌサ・トゥンガラ地域、いわゆる、バリ州、及び、東ヌサ・トゥンガラ州、西ヌサ・トゥンガラ州の加入者は、2015年には874万6,185人で、総人口1,393万8,460人の、62.75%となっている。

また、2017年には、バリ州が運営する‘バリマンダラ健康保障’が、国民健康保険として健康保障組織体(BPJS Kesehatan)に統合される予定である。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ