Powered by Blogger.

年末年始、180の特別機がバリに入港


2015年-2016年の年末年始時の搭乗客の大幅増加に対処する為、イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港アンカサプラ1は、バリに入港する特別機180機の予約を受け付けた事を、同空港アンカサプラ総支配人トゥリコラ・ハルジョ氏は公表した。

この180機は、国際線、及び、国内線への追加便である。「全フライトで34,508席に達する。この数字は、2014年に比べ55%の増加である。追加便の最も多い航空会社は、シティリンクの88便、そして、ライオン・エアの68便である。全て、ジャカルタ発デンパサール行きだ。」と、18日、国内線ターミナルでの年末年始特別カウンターの窓口開始にあたり、トゥリコラ氏。

シティリンクとライオン・エアの他、国営航空会ガルーダ・インドネシア航空、スリウィジャヤ航空の子会社NAMエアも、レギュラー便以外の特別機を飛ばす予定になっている。

ガルーダ・インドネシア航空は、バンドンとジャカルタからの12機の飛行予定を追加した。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ