Powered by Blogger.

空港出入国管理局、国際免許証偽造の疑いで外国人を逮捕



ングラライ空港出入国管理局特別クラス1職員は、バリで初の偽造国際免許証作成過程が行われていたことを発表した。

国際書類偽造を行った3人とは、ロシア人のマキシム・リャメンコヴ、ウクライナ人のイゴール・ドゥレスノヴ、及び、ルポール・ディオニスである。

同局長ヨセフ・レヌン・ウィドド氏は、容疑者を確保したのは21日だと説明した。当局は、違法入国とオーバーステイの疑いで逮捕しようとしていた。

「滞在場所である南クタジンバラン地区のプリガディン住宅ブロックF1-2番に捜査に踏み切った所、住居の中に、印刷道具とプレス機械を発見した。これらの道具は、国際免許証を偽造するための機械だったのだ。」これは、22日、ングラライ出入国管理局特別クラス1事務所での記者会見で説明された。

レヌン・ウィドド氏は、現在、真相究明に努めている述べた。国際免許証を偽造するという事件は、インドネシアでは初めてだという。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ