Powered by Blogger.

勝手なゴミの廃棄に罰金30万ルピア!


ギャニャール県スカワティ郡バトゥブラン村バンジャール・トゥブーでは、勝手なゴミの廃棄を行った者に対する罰金制度を執行することになった。この規則は、昨日27日から有効となったものだ。

規則の1番には、‘道路や溝・河川のような公共の場、他人の所有する空き地への、廃棄物の勝手な廃棄を行った者は、誰であっても捕らえられ、30万ルピアの罰金と処す。’とうたわれている。


現場にゴミを捨てた者への罰金の他、続く2番、3番には、清潔な環境を愛さない者を、住民が一団となって監視するように協力を求めている。また、ゴミを廃棄した者を捕らえた者、若しくは、廃棄した者を見たと報告した者には、1件につき15万ルピアの謝礼があるとしている。

この2番と3番については、バンジャール・トゥブーの長と、同バンジャール地区環境長とが、去る今月19日に合意し取り決めたものである。この合意は、バンジャール内にある6箇所のゴミの状態に対する、住民の不安が発端となった。「これまで、ゴミの状態は住民らと経営者らの悩みの種であった。」とバンジャール長ワヤン・トゥリマ氏。

27日、バンジャールの住民、及び、この地域内の経営者全員が道路の清掃に協力した。また、ゴミの廃棄をしそうな場所に横断幕を貼った。「皆で対処する。地域の清潔は、住民だけの責任では無く、この地域にある会社事務所すべてが関係するものだ。自分たちが住む場所、活動する場所をきれいに保つ事が目的。横断幕に書いた規則を貼る事で、バンジャールの清潔に目覚めてほしい。」と、トゥリマ氏。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ