Powered by Blogger.

バリのイスラム評議会長、ニュピの日の日食礼拝について



バリのイスラム評議会会長KH・ムハマッド・タウフィック・アシアディ氏は、バリ島のイスラム教徒にとって、午前7時までの日食の礼拝遂行に制限を求めるニュピを共に過ごす事に、問題はないと述べた。

今年のニュピは、ちょうど日食と重なる。その時、イスラム教徒は日食の礼拝を行う。

「午前6時15分には礼拝は終わる。バリにいるイスラム教徒は、最寄のモスクで礼拝する事。徒歩で行き、日食礼拝の間は、拡声スピーカーを使用しないこと。アラーの全能に対する認識を表現するために謙虚な心で礼拝を遂行する事。」と、16日説明した。

「スピーカーを使わなくても全く問題はない。心から祈りを捧げる事ができればいい。互いの信仰を尊重し、互いに擁護し合うことが大事だ。摩擦を避け、民族・宗教・人種・グループ間すべてが、我々が愛するバリ島の平和と安全を創造することだ。」と、同氏。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ