Powered by Blogger.

ジャカルタ特別州カリジョドの住人への保障は必要なし


ジャカルタ特別州北ジャカルタ市カリジョド地区は、元々国有地であったが、長年の間にここに住居や店を構えて暮らす者が定着し、歓楽街と化し、アルコール飲料の販売、売春宿、麻薬の横行、武器の所持、暴力団の暴行事件などが絶えない街となった。

ジャカルタ特別州では、緑地化政策を理由に、カリジョド地区を更地にすべく移転を住民に知らせた。住民からは当然、州知事に対する反対抗議が生じたが、州知事の強い姿勢には、動揺すら見られない。

農地区画大臣フェリー・M・バルダン氏は、ジャカルタ特別州知事バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)氏に対し、北ジャカルタ市カリジョド地区の住人らの要求する保障を聞く必要は無いと述べた。

「州政府は、地域の移転準備をする義務はあるが、あの土地は国家所有の土地である以上、住人の保障までする必要は無い。彼らが生活できるだけの場所を用意するだけで十分である。カリジョドの住人は速やかに移転する事だ。硬く留まることを主張した場合、カリジョドの住民が自身を傷つけることにだろう。」と、21日、フェリー氏は述べた。

ジャカルタの30%を緑地にする計画だ。よって、方法としては国家所有地を取り戻す事が必要だ。これをこのままに放っておけば、環境は悪くなり、洪水の対策も構築できない。

ジャカルタの身分証明書を所有する住民は、移転の保障として団地への入居を要求している。売春で生計を立てていた娼婦らは、社会福祉局で指導を受けることになる。カリジョド地区に住んでいた娼婦の多くは、ジャカルタ特別州の身分証明書を所有していない者が殆どであるからだ。一方、カリジョドの住んでいた子供達に関しては、ジャカルタ・スマート・カードを与え、転校や通学バスの融通が利くようにするという。

北ジャカルタ市長ルスタム・エフェンディ氏は、カリジョドの80世帯を移転させた。くじ引きで、80世帯のうち40世帯はマリンダ団地に、残る40世帯分は、団地の場所を視察中だ。移転が必要な世帯は、220世帯だが、団地の収容可能な団地の部屋数は350世帯分あるので、十分だという。


via Merdeka.com



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ