Powered by Blogger.

象がサヌールのゴミ拾いに参加


23日、2頭のスマトラ象が、サヌールのムラスティ・ビーチでの清掃作業に参加した。真っ白い砂のムラスティ・ビーチで、ギャニャールにあるバリサファリ&マリンパークから連れて来られたメス象テレサとムルニの2頭は、海辺とその周辺のゴミ拾いをした。

象使いの指示に従って、彼らはビニールゴミを次から次へと長い鼻ですくっては、それをゴミ袋に納める象使いに渡していった。

バリサファリ&マリンパーク、及び、天然資源保全機構は、‘ゴミの日’にちなんで、象を参加させた海岸清掃活動を行なった。生物多様性保全ディレクターのハヤティ・バンバン・ダホノ・アジ氏は、‘ビニールゴミのない美しい観光’と銘打った、海岸清掃活動への2頭の参加に感謝した。氏は、この活動が住民や観光客の覚醒を促し、清潔な環境の向上に努めたいと述べた。

人間の心無い行為に、象まで借り出されているのだ。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ