Powered by Blogger.

バリ島はインドネシア国内で最もデング熱患者が多い


バリ島でデング熱にかかった患者数は、かなり多い。その数は、インドネシア国内1位だということをご存知だっただろうか。

これは、インドネシア共和国国会第9議会の議員らの視察によって分かったことである。「全国から見たデング熱患者の割合は、バリが一番だ。」と、19日、第9議会議長国民信託党のアスマン・アブヌール氏は述べた。

視察団は、バリ州の他、南スマトラ、南スラウェシ、ブンクルーを視察しており、この4州は真剣に取り組まなければならない状況にあるという。「視察結果を基に、中央政府は対策会議を行ない、それから各地方へと取り組みが行われる。」と、同氏。

今月は、ジュンブラナ県、ギャニャール県に多く患者が出ている。体調を整え、デングに負けない免疫力をつけておこう。


via Tribun Bali



みんなでつくるバリ島のブログランキングバリブロへ
バリブロのブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

0 コメント

ブログ アーカイブ